ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

トーマス・エジソンは、「チャンスがドアをノックしてもほとんどの人が気づかないのは、チャンスがたいてい作業服を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ」と言っています。

エジソンは、どんなものでも、価値のあるものはそう簡単にはやって来ない、ということを知っていたのです。もし簡単だったら、誰にでもできてしまいます。

不可能を可能に変えることのできる神さまなしでいいのです。普通の人であれば、この辺でやめるのが当然で合理的だろうと思うところよりも、はるかに先のところまでやり通したからこそ、エジソンは当時の学識者ですら不可能だと考えていた、発明を生み出すことができたのです。

まず、思いの中で不可能でありえてもいいようなことが、可能であるという絶対に揺れない強い確信から始まるのです。

『それは人にはできないことですが、神は、そうではありません。どんなことでも、神にはできるのです。(マルコ10:27)』

インスピレーションのひらめきだけでは成功できません。それに、決然とした根気強い行動が伴わなければならないのです。1%のInspiration(霊感)と99%のPerspiration(汗)から成るのです。

目標ビジョンを紙に書くだけでなく、確実に実行に移していきたいです。


     
『エジソンは、一万回の失敗の末に白熱電球の完成に至りました。ですから、一度くらいの失敗を気にしてはいけません。』


間違いなく、アメリカの最も偉大な発明家であるトーマス・エジソンは、驚くほど前向きな人生観をもっていました。彼の愛読書は聖書でした。それが、彼の発明家としての才能を大いに高めたのは過言でないと思います。


他の人であれば、電球を発明するのに何千回も失敗したら、すっかり絶望してやる気を失ってしまうところを、偉大なエジソンは、「一回一回の失敗は、単にうまくいかない方法を、確認し消去しているに過ぎないことであり、失敗を重ねるごとに、一歩ずつ成功へ近づいているのだ」と考えたと言われています。


最後まで辛抱強さと聡明さを失わず、積極的な行動をとり続ければ、人生において、乗り越えられない障害などまずないのです。


『あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。(1コリント10:13)』


何かに失敗してやる気をなくした時には、“ 世界を一変させてしまうほどの成功に到達するまでに、エジソンは一万回の失敗を経験していた”ということを思い出したいで~す。


     
『主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

 主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

 主は私のたましいを生き返らせ、

 御名のために、私を義の道に導かれます。(聖書)』





自分の羊飼いを知っていて、その声を聞き分けたとしても、羊には付いていかない選択肢もあります。

しかし、羊飼いの後に付いていくことは、羊にとって極めて重要なことです。羊飼いの声を聞いてもその後を付いて行かない羊は、羊飼いが備える豊かな恵みを楽しむことができません。

また群れから離れた羊は、野生動物の攻撃を受けやすくなります。自然環境にも翻弄されるでしょうし、どこで食物を得るのかも分からないでしょう。

羊飼いの後に付いて従う羊だけが、羊飼いの用意する良いものを受けることができます。

耳を羊飼いの声の周波数に合わせ、目を羊飼いのほうに向けていなければなりません。羊飼いが動くとき、その声とその動きに注意を払う者たちは、すぐに彼と共に行動し、与えられた備えと守り、安全を楽しむことができるのです。

レベッカ・J・ブリマーより抜粋

     
信仰って言うと重々しく感じるかもしれませんが、すべての人がなんらかに信仰を置いていますよね。椅子に座るときでも、この椅子が十分に自分の体重を支えることを確信しているから何の疑いもなく、自分の身をおきます。椅子が壊れるか何て思ってもいません。心地よく身を任せてリラックスできます。

同じ具合に、神さまに身を任せる、委ねることですよね。でも、信仰を持っているだけでは十分ではないです。
『私は、主イエスへの信仰をもっています。』と言われても、時として、『だから。。。。?』って言いたくなる時があります。

たとえ、銀行に莫大なお金があっても、ひもじい生活かもしれないし、どんなに冷蔵庫に食べ物が詰まっていても、餓死してしまうかもしれないのです。持っていたとしても、引き出して使わない限り、あっても取り出して食べない限り、役立たずになってしまうのです。

同じように、信仰にしても、『信じています!』と言っても、それを引き出すように解き放つことがない限り何の効果もないのです。アクセサリー的な存在にしかすぎないでしょう。

信仰は、決して受身的なものではありません。祈りをとおして、言葉での告白宣言をとおして、従順な行ないをとおして引き出され解き放たれるのです。

たとえば、子どもが親であるあなたに、『今の靴古くなったから、新しい靴を買って!』と頼みます。あなたは、『いいよ!いつかそのうちに買いに行こうね。』と約束します。具体的な日は言いませんが、靴を買う約束をします。
でも、その子どもが毎日来る日も来る日も、『僕はいつもボロボロの靴しか与えられない!絶対にみんなが履いているような靴は与えられない。そういう運命なんだ!僕の親はホントにひどい!最低!』と家中でわめき散らしていたら、どうでしょう?『なぜ、親である私の言葉に信頼を置いてくれないんだ!』と思いませんか!?

逆に、その坊やがあなたのそばを通るたびに、『新しい靴ありがとう!僕はこんなデザインで、黒の赤のストライプが入ってて。。。。ああ待ち遠しい!ああ~ホントにサンキュ~!最高!』って言われ続けたら、2週間後の給料日に買い物に連れていく予定していたところが、予定を早めたくなりません?

こんな具合に、神さまに信仰があるだけでなく、十分に作動されたらいいんですけど。。。。。
椅子への信仰でなく、自分の親に置く信仰でなく、全知全能のパワフルな神さまに置く信仰を引き出して解き放つなら、すっごいことが起こるってわかりますか?祈りをとおして、告白をとおして、従順をとおして始めて信仰が作動するのです。山(問題)をも動かす信仰があるって約束されているのです。

『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。(ヘブル11:6)』

     
先日大学生の子が来年留学する予定で、色々資料パンフレットを持って来ました。お母さんがインターネットで調べて資料請求をしたようです。行き先は、英語圏でおなじみのアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアがあって、目新しい留学先でフィージーもありました。値段が断然お得で、フィージー行きを検討しているみたいです。

私はフィージーに行ったことがないです。インターネットからの情報やカラフルなパンフレットだけで判断するのは危ないし、やはり、現地に行って生活していた信頼ある人からの情報が一番確実ではないでしょうか!

こんな話をしながら、この世は一時的な場であり、永遠をどこで過ごすかがあいまいなままに生活していないでしょうか?こんな短期間の地上での旅行に対して熱心に情報収集して確認して納得した上で旅立つではありませんか!?

この地上の死の後のことなんか誰もわからないから、考えても無駄というかもしれません。みんなが体験することだから、みんながわからないままだから、。。。。。日本人独特の『みんなだから大丈夫心理』で、暗黙の中にしまいこんでいないでしょうか?臭いものには蓋をしましょうって心理ですが、すべての者が体験することですから、避けれないことですから、。。。。。。確信のない証拠のないファンタジ~のような世界にしていませんか?、

一般のカウンセリングにしても、『老年期』には、死をどのように受け入れるかという重大な課題が待っているのです程度の事しか触れていません。

幼い頃から、この地上の死が終わりではないっと思っていました。消滅してしまう存在でないことは奥底でわかっていました。この地上の終わりは、始まりでもあるのです。

この地からの旅立ちの準備、それより行き先がしっかりとわかっているでしょうか?行き先がさだかでない旅行って不安ですよね。リスクが大きいですよね。今までに行ったことのない外国に行ったことのある人の証言はパワフルです。もちろん数々の情報と照らし合わせてる必要はあります。

同じように、臨死体験した人たちの証言もパワフルでしょう。もちろん、彼らの証言が本当に正しいかどうかを聖書と照らし合わせなければいけません。結構そんな体験している人たちはいます。そんな観点から分かち合っていきたいです。

旅立ちの準備は万全ですか?まだな方はお急ぎを!


プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。