ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
信仰って言うと重々しく感じるかもしれませんが、すべての人がなんらかに信仰を置いていますよね。椅子に座るときでも、この椅子が十分に自分の体重を支えることを確信しているから何の疑いもなく、自分の身をおきます。椅子が壊れるか何て思ってもいません。心地よく身を任せてリラックスできます。

同じ具合に、神さまに身を任せる、委ねることですよね。でも、信仰を持っているだけでは十分ではないです。
『私は、主イエスへの信仰をもっています。』と言われても、時として、『だから。。。。?』って言いたくなる時があります。

たとえ、銀行に莫大なお金があっても、ひもじい生活かもしれないし、どんなに冷蔵庫に食べ物が詰まっていても、餓死してしまうかもしれないのです。持っていたとしても、引き出して使わない限り、あっても取り出して食べない限り、役立たずになってしまうのです。

同じように、信仰にしても、『信じています!』と言っても、それを引き出すように解き放つことがない限り何の効果もないのです。アクセサリー的な存在にしかすぎないでしょう。

信仰は、決して受身的なものではありません。祈りをとおして、言葉での告白宣言をとおして、従順な行ないをとおして引き出され解き放たれるのです。

たとえば、子どもが親であるあなたに、『今の靴古くなったから、新しい靴を買って!』と頼みます。あなたは、『いいよ!いつかそのうちに買いに行こうね。』と約束します。具体的な日は言いませんが、靴を買う約束をします。
でも、その子どもが毎日来る日も来る日も、『僕はいつもボロボロの靴しか与えられない!絶対にみんなが履いているような靴は与えられない。そういう運命なんだ!僕の親はホントにひどい!最低!』と家中でわめき散らしていたら、どうでしょう?『なぜ、親である私の言葉に信頼を置いてくれないんだ!』と思いませんか!?

逆に、その坊やがあなたのそばを通るたびに、『新しい靴ありがとう!僕はこんなデザインで、黒の赤のストライプが入ってて。。。。ああ待ち遠しい!ああ~ホントにサンキュ~!最高!』って言われ続けたら、2週間後の給料日に買い物に連れていく予定していたところが、予定を早めたくなりません?

こんな具合に、神さまに信仰があるだけでなく、十分に作動されたらいいんですけど。。。。。
椅子への信仰でなく、自分の親に置く信仰でなく、全知全能のパワフルな神さまに置く信仰を引き出して解き放つなら、すっごいことが起こるってわかりますか?祈りをとおして、告白をとおして、従順をとおして始めて信仰が作動するのです。山(問題)をも動かす信仰があるって約束されているのです。

『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。(ヘブル11:6)』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wwjdhiroko.blog59.fc2.com/tb.php/90-0f3818e1

プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。