ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
よくジョイス・マイヤーの番組で、ありえないクリスチャンのエイソードを聞いたりするが、自分の目の前でそんなに出くわすと、かなりの教訓を与えてくれる。ショックも大きい。

ジョイスの集会で、突然ある女性が立ち上がって大声で預言らしきことを言いだしたとか。。。
大群衆が聞いている中で、『ジョイス・マイヤーは間違いをおかしている。彼女のミニストリーを私に明け渡し、私の元で働くように、主は言われる。』

人間には誰しも常識と言うものがあるが、常識はずれもいいとこな行動を起こす。悲しいことに、クリスチャンであり、主を愛している人なのだ。ありえな~い事が、あってしまうのが現実の世界。

私たちが被ったケースも、クリスチャンであり、自称ミッショナリーの人だった。クリスチャンだからと言って、宣教師だからと言って、牧師だからと言って、信じこんでしまうのは落ちである。

『蛇のようにさとく、鳩のようにすなおでありなさい。(マタイ10:16)』

『にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくはあざみから取れるわけがないでしょう。同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。』

私たちは、その人が何を語っているかだけでなく、どんな歩みをしているか?どんなスピリットを解き放しているか?どんな実をならせているか?を吟味しなくてはならない。

自称クリスチャン宣教師である者が、行くところどこでも、ゴシップ悪口そして自分がいかにすばらしい人物か(聞いてもいないのに。。。。)話まくる。普通しないでしょう。自分で自分を賞賛する人っていかに不安に満ちているかの証拠でしょう。

今回の出来事で、教えられることは多い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wwjdhiroko.blog59.fc2.com/tb.php/62-27082c2d

プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。