ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
人生は一時的な滞在地!
今日も伯母の一人の告別式に参加してきた。94歳だった。人生を最大限に生かすために、2つの真理を忘れてはならない。
1.永遠に比べるなら人生は非常に短い。
2.地上は一時的な住まい。
イスラエルの王ダビデの祈りで、「主よ。お知らせください。私の終わり、私の齢が、どれだけなのか。私が、どんなに、はかないかを知ることができるように。(詩篇39:4)」

私たちの身元は永遠という場所にあり、故郷は天国にあることを忘れてはならない。

キリスト以外の物や誰かに、自分のアイデンティティー、価値観や安心感を捜し求めるなら、偶像礼拝になり、神さまが一番忌み嫌う霊的姦淫になってしまう。「あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。(出エジプト20:3)」

自分が国を代表する大使として敵国に行くように遣わされたとする。その国の人々に対して礼儀正しく振る舞い、任務を果たすために現地の言葉を学び、その国の習慣や文化を知る必要がある。その国の人々と接触し、関係を築いていく必要がある。しかし、次第に敵国の居心地が良く感じ、自分の国より敵国を愛するなら、本国に対しての忠誠心は薄れ、使命に対する情熱も冷めてきてしまう。そうなると本国の代表と言うより、裏切り者になってしまう。

聖書では「私たちはキリストの大使である。(2コリント5:20)」とあるが、他のもの(ビジネス、学歴、趣味、結婚相手、子供・・・・)に、自分のアイデンティティーや安心感を見出したりしがちだ。完全な偶像であり、霊的姦淫なのだ。これは巧妙な手口でやってくるので、常に吟味していないと、知らず知らずに主イエスへの愛や忠誠が他のものに目移りしている。神さまとの関係が薄れてきて、神さまから離れていく。そして混乱と破壊的な人生が待ち伏せている。シナリオはできあがっているのだ。解決は、即、主イエスのもとに帰る。

天国である本国に帰る直前に、『どうして自分はこんな一時的なもののために一生懸命やってきたのだろうか。なぜ、このような残らないもののために時間とエネルギーを費やしてきたのだろうか。』 こんな風になりたくない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wwjdhiroko.blog59.fc2.com/tb.php/52-9d6beaa6

プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。