ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
人が『永遠』について考えるのは、お葬式の時だけかもしれない。さっきある知人が亡くなった連絡があった。しかしそこで抱く考えは、無知に基づく、感傷的なものにすぎないのではないか。『死』は誰もが避けて通ることのできない現実にもかかわらず、触れないようにして生きていく。そんな風潮だが、『死』の向こうに何があるか知らずに生きていく方が、よっぽど不健全で愚かだと思う。苦境に立たされて自ら命を絶とうとしているなら、よ~く考えて欲しい! 自殺は解決でないことを!

長くて100年以上生きるかもしれないこの地上での人生は、本番前のリハーサルのようなものだ。地上の時間は、永遠への準備期間、試験期間と言えるだろう。永遠に比べるなら、この地上での時間は点のようなものである。

いつしか心臓の鼓動が止まる時が来る。聖書は、「私たちの住まいである地上の幕屋(テント)がこわれても、神のくださる建物があることを、私たちは知っています。それは、人の手によらない、天にある永遠の家です。(第2コリント5:1)」とあり、地上における体は、私たちの霊の一時的な住まいにすぎない『テント』と呼び、将来与えられる体を『永遠の家』と表現している。

この地上にはたくさんの選択肢があるが、永遠は2つだけ。『天国』か『地獄』
「神は、私たちが御怒りに会うようにお定めになったのではなく、主イエス・キリストにあって救いを得るようにお定めになったからです。(1テサロニケ5:9)」
イエス・キリストを通して差し出された愛・赦しをプレゼントとして受け入れるなら、永遠に神と共にすごすが、拒むなら、永遠に神と引き離された『地獄』なのだ。

「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。(2コリント4:18)」
目に見える以上のものがあることを知るなら、人生は永遠への準備であることがわかるなら、価値観も変えられ、優先順位も変えられていく。

日本人独自の『みんながそうしているから』『みんなも同じことをしているから』が、とりあえず大丈夫ってされているかもしれない。しかしその対象としている『みんな』がどっちに向かっているのかが、問題なのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wwjdhiroko.blog59.fc2.com/tb.php/43-66765e93

プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。