ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2017/08«2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

今日、心を騒がす出来事があった。

ある方が無理な要求をしてきた。私の時間をかなり犠牲にしなくてはならない。

もし、主の御心なら、喜んで受けるつもりだ。しかし、平安がない。自分から、どうやって『ノー!』と言おうか、落ち着かない。

中学生に英語を教えている時も、自分の中でこの件をどう解決しようかと模索している自分。相手の方に失礼のないようにと・・・。でも、絶対に相手の要求には応えられない。

必死で心の中で祈った。英語を教えながら・・・・。『主よ。あなたが、解決してください。』

そして、この曲が心の中から響いてきた。

突然、相手の方から電話があった。『さっきの件、もう忘れてください。』と・・・。それだけではない、彼女のニーズにも応えれて、私の時間も犠牲にしなくていいアイディアが浮かんできた。

ある画家が『Peace』というタイトルで絵を描くように、要請された。

大嵐の岸壁に鳥の巣があり、雛鳥が親鳥の翼の下で、すやすや寝ている絵だった。

まさしくも、私たちの心の中に大嵐と言わなくても、嵐が吹き寄せるとき、本当の平安(Peace)の原動力をどこから得るのだろう。

『ご自分の羽で、あなたをおおわれる。あなたは、その翼の下に身を避ける。主の真実は、大盾であり、とりでである。(詩篇91:4)』

  • 342     静まれ  342
    1) 御翼の陰に隠し 力ある御腕の中に
      逆巻く大海を越え 主とともに羽ばたく
      我が父よ 王なる神 静まりあなたを知る

  • 2) キリストの中に憩い 信頼と主の力知る
       いかづち鳴り渡る中 主とともに羽ばたく
  •     我が父よ王なる神 静まりあなたを知る   342

スポンサーサイト

コメント

No title
私も教会で月2回ゴスペルを唄っています。
姿勢を正されるような気持ちなり、何か得たような思いで帰れるので、これからも続けていこうかと思っております。
きさらさんへ
続けて教会でゴスペル歌い続けてくださいね。
毎回毎回歌う時に、すばらしい体験をかみ締めることができますように!
また、寄ってください。
コメありがとうございます。
宗教音楽ってあんまり聴いたことないんですけどゴスペルっていいですね。たまに来て聞かせていただきます><b
闇さんへ
でっしょっ!また来てくだっさ~い。
No title
最近教会から遠ざかっています。
先日、久しぶりに教会の集まりに参加した時、この曲が流れていました。
前から聞いた事はあったけど、あまり歌った事なかったので、日本語の歌詞を探していたら、ここに辿りつきました。

いいですねぇ、このヒルソング。原版もいいけど、日本語訳が素晴らしい!!久しぶりに満たされて涙しました。私たちの主は「弱った者を翼の下にかくまって、嵐や雷の中を共に歩んで下さる」お方なのです。
ハレルヤ!!
ミー子さんへ
聖書をきちんと教えて,聖霊が豊かに働いている地元教会につながってください。
最初の1歩は勇気がいるかもしれませんが、聖霊が後押ししてくださいます。決断、選択は私たちに託されているんですね。

そして霊的に満足感を体験するでしょう。気もちの次元だけでなく、あらゆる面で、経済的にも健康面でも益々主イエスにある祝福をゲットしていくでしょう。そして弱い時だけでなく、どんな時も主と歩んでいる実感と確信の中で生活できたらいいですね。

Jesus Loves ミーコさんvery very much!!! またブログの方にも来てね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wwjdhiroko.blog59.fc2.com/tb.php/4-04c28155

プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。