ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2010/12«2011/01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/02
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
新たなスタートをきるチャンスは常にあることを知ってください。

初めて、厳しい試練に遭った時にはそう思えないでしょうが、私たちには、失われるこののない大切な財産があるのです。それは、私たちの信念、知力と、それを使う自由です。

この3つの財産を使って、自分を打ちのめしたものが何であるのかを理解することにより、新たな計画を立てることができますよね。

かつて持っていたお金も、今はもうないかもしれませんし、親しかった協力者も、今はもういないかもしれません。しかしそれでも失敗を経験したことで、もう2度と同じ過ちを繰り返すまいと心に決めることもできるでしょう。心に決めるだけでなく、ハードワーキングに対する報いとして、必ず益になるものを物質的にも受け取るのです。強調文

『信仰(信念)は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。(ヘブル11:1)』

今どのような状況にあろうと、「何であれ、心に抱き信じきれることは実現できる」という硬い確信があるなら、そこには希望があり、リセットして再出発できるのです。

ハレルヤ!
スポンサーサイト

     
『欠点を指摘するだけでなく、長所についても言ってくれるような、度量のある人の批判なら、素直に受け入れることができるものです。』

誰かに批判された場合、心の中ではその批判が正しいと認めていたとしても、自分自身と自分の行動を正当化したい、と思うのがごく普通の反応です。そして言い訳を並び立てるのではないでしょうか。自分の親のせいにしたり、社会のせいにしたりして責任転嫁の矛先を考えうるところに投げつけるのです。

こんな状況に遭遇した時こそが、次の段階への踏み台にしていけるのか、つまづきの石にしてしまうのかの分かれ目なのです。

『悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。(ローマ12:21)』

批判する人に対してリベンジして反発したくなるような時、その相手に善で祝福を返すなら、まさに成長できる絶好のチャンスの訪れなのです。

人生において大きな成功を収めた人たちには、たとえ不愉快に思うことがあったとしても、自分の感情はひとまず抑えて、他人から状況から学ぶ姿勢が身についているのです。

God Bless 2011!


     
ある方が言っていました。「子供の頃に楽な人生を送ってしまうと、大人になってから人生の厳しさを味わうことになります。」

『なまけ者よ。蟻のところへ行き、そのやり方を見て、知恵を得よ。(箴言6:6)』

『なまけ者よ。いつまで寝ているのか。いつ目をさまして起きるのか(箴言6:9)』

『無精者の手は人を貧乏にし、勤勉な者の手は人を富ます。(箴言1:4)』

エバーグリーン・インターナショナル航空の創設者で大富豪のデル・スミス会長は、「貧乏な家に生まれたことを神に感謝しています。おかげで努力することを学びましたから」とよく言っていたそうです。

自力で頂点を極めた他の成功者と同様、スミス氏も、子供に与えることのできる最高の贈り物は、“ 努力の価値を教えること ”だと信じています。この贈り物は、無くなることも盗まれることもありません。

親にとって、自分の子供時代にはなかったものを、子供に与えてやりたいと思うのは自然なことです。しかしそのような気前のよさが、実は子供に与えることのできる最高の贈り物を、その子から奪い取ってしまうことになりかねないのです。

最高の贈り物とは、自分のことは自分でできるという、“ 自分の脳力に対する自信 ”です。

あえてわが子に厳しい人生を歩ませ、努力することの価値を学ばせるようにすれば、その子が大人になって成功する可能性が非常に高くなるのではないでしょうか。

勤勉に努力を抜きに報いを得ようと考えるなら、そこから逸脱すべきでしょう。

自分の能力に対する自信だけでなく、その能力を与えてくださっている神の全能で偉大さに信仰を置くなら、さらに成功のパワーアップになるのではないでしょうか。


『信仰なくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を(勤勉に、熱心に)求める者には報いてくださる方であることを、信じなければならないのです。(ヘブル11:6)』

躍進ある年にしたいですね。

 


     

『目標も当てもなくさまようことが、失敗の第一の原因です。』

If you fail to plan, you are planning to fail.
計画を立てることを怠るなら、敗北を計画しているのです。

人生の計画がないと、安易に最も障害の少ないコースをたどり、当てもなく流れのままに生きてしまうものです。

自分がどこに向っていきたいのかがわかっていれば、自分のとる行動によって自分は目標に近づくのか、それとも遠ざかるのか、すぐに判断することができるのです。

明確で具体的な目標と、その達成のための計画がないと、何もないところですべての意思決定を行わなくてはなりません。明確な目標を持つことで、計画に結びついた具体的な行動を、とることができるよう になるのです。


計画はSMARTにいきたいです。

Specific 具体的な計画

Measurable 測れる計画

Action 行動をおこす計画

Realistic 現実的な計画

Time 時間的制限をつけた計画

私はさらに、SMARTERな計画を心がけています。

Expectation 神さまに期待をもつ計画

Revelation 自分本位のものでなく、神さまからくるインスピレーション(啓示)からなる計画
『あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。(箴言3:6)』

2011年最高の年にしましょっ!!!


     

トーマス・エジソンは、「チャンスがドアをノックしてもほとんどの人が気づかないのは、チャンスがたいてい作業服を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ」と言っています。

エジソンは、どんなものでも、価値のあるものはそう簡単にはやって来ない、ということを知っていたのです。もし簡単だったら、誰にでもできてしまいます。

不可能を可能に変えることのできる神さまなしでいいのです。普通の人であれば、この辺でやめるのが当然で合理的だろうと思うところよりも、はるかに先のところまでやり通したからこそ、エジソンは当時の学識者ですら不可能だと考えていた、発明を生み出すことができたのです。

まず、思いの中で不可能でありえてもいいようなことが、可能であるという絶対に揺れない強い確信から始まるのです。

『それは人にはできないことですが、神は、そうではありません。どんなことでも、神にはできるのです。(マルコ10:27)』

インスピレーションのひらめきだけでは成功できません。それに、決然とした根気強い行動が伴わなければならないのです。1%のInspiration(霊感)と99%のPerspiration(汗)から成るのです。

目標ビジョンを紙に書くだけでなく、確実に実行に移していきたいです。


     
『エジソンは、一万回の失敗の末に白熱電球の完成に至りました。ですから、一度くらいの失敗を気にしてはいけません。』


間違いなく、アメリカの最も偉大な発明家であるトーマス・エジソンは、驚くほど前向きな人生観をもっていました。彼の愛読書は聖書でした。それが、彼の発明家としての才能を大いに高めたのは過言でないと思います。


他の人であれば、電球を発明するのに何千回も失敗したら、すっかり絶望してやる気を失ってしまうところを、偉大なエジソンは、「一回一回の失敗は、単にうまくいかない方法を、確認し消去しているに過ぎないことであり、失敗を重ねるごとに、一歩ずつ成功へ近づいているのだ」と考えたと言われています。


最後まで辛抱強さと聡明さを失わず、積極的な行動をとり続ければ、人生において、乗り越えられない障害などまずないのです。


『あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。(1コリント10:13)』


何かに失敗してやる気をなくした時には、“ 世界を一変させてしまうほどの成功に到達するまでに、エジソンは一万回の失敗を経験していた”ということを思い出したいで~す。


プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。