ゴスペルin動画

 ゴスペルをコンテンポラリーな分野から紹介していき、日常生活の中で元気をもらっているいきさつを綴っていく日記。
 


2009/12«2010/01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/02
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
スポンサーサイト

     
新年そうそうに叔父のひとりが天に召されていった。2ヶ月前病床の中で一緒に主を賛美できたのは、本当に主の恵みの時だったと感謝している。88歳だった。決して忘れてはならないのは、1.永遠に比べるなら地上の人生は非常に短い。2.地上は一時的な住まいであり、旅人である。

『愛する者たちよ。あなたがたにお勧めします。旅人であり寄留者であるあなたがたは、たましいに戦いをいどむ肉の欲を遠ざけなさい。(1ペテロ2:11)』

私は、海外での生活も長かった。観光ビザであったり、留学ビザを得て、一時的な滞在が許可された。私たちは、この地上においては一時滞在許可を得ている外国人のような者で、天国に永住権があること知らずいたり忘れてしまっていては惨めなものになってしまう。

今この世に住んでいるが、この世の住民ではない。一時的な滞在地にしかすぎない。だから、この世に属しているものを目指して生きるのをやめるべきなのだ。この世に目に見えるものは、一時的に神さまが与えてくださっているものであって、本来目指すべきすべてではない。

この地上での人生は、一時的な訪問者にしかすぎないのに、この地上の人生が生涯の暮らしすべてであるかのよう過ごしているから、過ちを犯してしまう。この地の国民と思っているから、この地の誘惑に押し負かされてしまう。

目に見える一時的なものだけに執着しているなら、目が見たこののないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。。。すなわち神を愛する者のために、神の備えてくださったもの(1コリ2:19)を見逃してしまうのだ。

何よりも神を第一に愛するなら、神のアメイジングな備えを体験できるのだ。だから、ビジターとして一時的滞在地である地上のものに心を奪われてしまうのでなく、天にあるものに心を合わせていこう!!!

そして、先日亡くなった叔父と再会できるのは、キリストの内に生きる者の大きな希望である。


プロフィール

Esther

Author:Esther
Welcome to My Blog!
私はゴスペルが大好きです。I love Gospel!!
是非、クリックして聴いて歌ってみてください。
Please click and listen to those songs.

最新トピック
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。